喫煙が歯に及ぼす影響について 虫歯、歯周病など
歯の健康

喫煙が歯に及ぼす影響 虫歯、歯周病など


TOP > 喫煙が歯に及ぼす影響 虫歯、歯周病など

喫煙者の実態

喫煙者、受動喫煙被害者は、通常の人に比べ二倍から三倍も虫歯に罹りやすい、という統計結果が出ています。

また煙草を吸う人は、吸わない人の何十倍も歯周病が進行しやすいので、歯周病やインプラントの治療の際には、医師から禁煙を薦められることがあります。

さて、それは何故でしょうか?


喫煙行為が歯の疾患へと移行する流れ

喫煙→ビタミンCが破壊→歯垢が付着→歯石に変化→歯周病や虫歯に!

喫煙によりビタミンCが破壊

肌の美容のためにビタミンCの摂取が推奨されますが、ビタミンCは肌だけではなく、「歯ぐき」の健康維持にも役立ちます。

一日に数本のタバコを吸っただけで、一日に必要なビタミンCの量を破壊し尽くしてしまいます。ビタミンCの欠乏は、歯周病の他、様々な病疾患の原因ともなってしまいます。

タバコを吸って失ったビタミンCを補うためには、大量のビタミンCを補給しなければいけませんが、それはあまりに無駄ともいえます。とりあえずタバコを吸うのを止めてしまうだけで、虫歯になるリスクが断然減ります。

プラーク(歯垢)が付着しやすくなる

歯周病の一番の原因の一つに、プラーク(歯垢)という粘性の付着物があります。ビタミンCが欠乏した歯ぐきは、プラーク(歯垢)が付着しやすくなってしまいます。

歯垢が歯石に変化

プラーク(歯垢)は虫歯の原因ですから、放置しておけば、それが再石灰化して歯石(しせき)へと変化していってしまいます。

そして、虫歯に

歯垢や歯石が歯周病・虫歯の原因になります。喫煙が虫歯になる最初の原因を作り出している事が解ります。



歯に付着するタバコのヤニ

タバコのヤニは虫歯の原因とはならない様ですが、歯の黄ばみの原因となります。この汚れは通常の歯磨きでは落ちませんから、歯科医院でクリーニングをしてもらう必要があります。しかし喫煙を続けていれば、またすぐに汚れてきてしまいます。

ヤニを落とす専用の歯磨きも発売されています。
セッチマハミガキ
セッチマハミガキ


まとめ

タバコを止める方法をまとめてみました。

私が銀歯を量産していたのは、まさしく毎日タバコを吸っていた時期です。期間がピッタリと重なります。今思えば、歯を磨いているのに何故か不思議と次々に虫歯ができていく魔法のような日々でした。11本の銀歯は喫煙の歴史でもあったのです。煙草を吸うのを止めてから、虫歯ができる事がおもいっきり減りました。そもそもが、職場で「タバコを吸うのが仲間入りの証拠」のような風潮があり、それに釣られて始めただけのタバコです。でも今にして思えば、あれはテレビCMの影響を受けた人々の怠惰な慣習に過ぎなかったのです。




コンテンツ一覧  
エムジャパ
カレンダー  
今月のカレンダーです
2017年11月21日(火)
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

2017年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

スマートフォン・携帯サイト
パソコン・携帯・スマートフォンいずれでも閲覧可能です。端末にURLを送るには、以下の「QRコード」をご利用くださいませ。

歯の健康