歯科医師になるには 資格、歯学科を持つ大学、歯科医に求められるもの(適性) など
歯の健康

歯科医師になるには


TOP > 歯科医師になるには

歯科医師になる方法

6年制の歯学科を卒業し、歯科医師国家試験に合格する必要があります。

歯学部歯学科がある大学

国立大学・公立大学

北海道大学、東北大学、東京医科歯科大学、新潟大学、大阪大学、岡山大学、広島大学、徳島大学、九州大学、長崎大学、鹿児島大学、九州歯科大学

私立大学

北海道医療大学、岩手医科大学、奥羽大学、日本歯科大学、日本歯科大学新潟生命歯学部、東京歯科大学、日本大学、日本大学松戸歯学部、昭和大学、明海大学、鶴見大学、神奈川歯科大学、松本歯科大学、朝日大学、愛知学院大学、大阪歯科大学、福岡歯科大学、


歯科医師国家試験

受験資格

学校教育法(昭和22年法律第26号)に基づく大学において、歯学の正規の課程を修めて卒業した者(卒業見込みの者を含む。)

歯科医師国家試験予備試験に合格した者で、合格した後1年以上の診療及び口腔衛生に関する実地修練を経たもの(実地修練終了見込みの者を含む。)

外国の歯科医学校を卒業し、又は外国で歯科医師免許を得た者であって、厚生労働大臣が(1)又は(2)に掲げる者と同等以上の学力及び技能を有し、かつ、適当と認定したもの

沖縄の復帰に伴う厚生省関係法令の適用の特別措置等に関する政令(昭和47年政令第108号)第18条第1項の規定により沖縄復帰前に琉球政府の歯科医師法(1955年立法第75号)の規定による歯科医師免許を受けたものとみなされる者であって、厚生労働大臣が認定した者。

試験日

毎年の2月初旬

合格発表日

毎年の3月下旬

試験地

北海道、宮城県、東京都、新潟県、愛知県、大阪府、広島県、福岡県

合格率

近年低下傾向にあり、合格率は60%程度です。


試験合格後

厚生労働大臣より歯科医師免許状が与えられます。

歯科医師臨床研修

診療に従事しようとする歯科医師に対し、平成17年より歯科医師臨床研修が義務付けられるようになりました。研修期間は合計一年以上、大学病院や厚生労働大臣の指定する病院若しくは診療所においての研修となります。接遇態度からインプラント診断まで、様々なプログラムに基づいた研修を受けることになります。

歯科医師臨床研修プログラムを検索するサイト「D−REIS」


歯科医師に求められるもの(適性)

品位

歯科治療とは脳に大変近い所にある病疾患を治療する医療行為です。また、虫歯は「お子様」が罹りやすい病疾患でもあります。そのため、通常の医師よりも極めて高い品位が要求されます。

奉仕の精神

「人様の口の中を覗き込む」という行為を日々繰り返す事は、かなりに高尚な「奉仕の心」を持ち合わせていないと無理です。続くかどうか、よく自問自答してみましょう。

研究・探究心

医療技術は日々進歩・進化しています。昨日まで治療不可能と思われていた症例でも、今日は治療可能になっていたりするものです。新しい治療技術を吸収するために、学会や講演、ライブオペなどに出席しての情報収集は欠かせません。頭が柔らかくないと続けていく事は難しいでしょう





コンテンツ一覧  
エムジャパ
カレンダー  
今月のカレンダーです
2017年7月20日(木)
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2017年8月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

スマートフォン・携帯サイト
パソコン・携帯・スマートフォンいずれでも閲覧可能です。端末にURLを送るには、以下の「QRコード」をご利用くださいませ。

歯の健康