歯に悪い食べ物について。停滞性食品、硬過ぎる食べ物、醸造酒など
歯の健康

歯に悪い食べ物


TOP > 歯に悪い食べ物

歯に悪影響があっても健康のためには欠かせない食品

歯に良くない食べ物といっても、過剰に神経質になる事はありません。例えば「酢の物」「レモン」などは美容や健康維持に欠かせないものです。要は、それを食べた後にどうするか?という事が大事なのです。

酢、柑橘類、フルーツジュース、

対処例:食べたらすぐにお茶を飲んで口の中をゆすぐ、


停滞性食品

歯にまとわりつきやすい食品は「停滞性食品」と言われ、汚れが取れにくく唾液もあまり出ないので、虫歯になりやすくなります。キャラメルやポテトチップス等のお菓子類やパン等がそうです。

シュガーレス・ガムやキシリトール・ガムで注意なのが、その粘着力により「詰め物や被せ物」が取れてしまう事がある点です(体験者は語る)。
参考:詰め物・被せ物の寿命


歯は「酸」に弱い

pH値(ペーハー値)の高い食品を食べる!

参考:主な食品のpH値

エナメル質は「pH5.5」以下の酸に弱い。
酢の物やレモン等の柑橘類に加え、ビールやワイン、炭酸飲料などがこれに当てはまります。

炭酸飲料やレモン、オレンジ、グレープフルーツのジュースが歯のエナメル質を落とすことが解っています。

レモン水は酸性

レモン果汁のphは2なので、エナメル質に影響を与えないpH5.5まで下げるには、1000倍以上に希釈しないといけません。
つまり、レモンスカッシュや焼酎のレモンサワーは、「炭酸」と「レモン」のダブル攻撃ですから注意が必要です。

胃液

胃液も酸性なので、胃液を頻繁に吐いている人は、その後で「うがい」を念入りにする必要があります。

砂糖

「糖分+ミュータンス菌」→酸を生成→虫歯に
砂糖が虫歯の原因である事は、もはや常識です。砂糖が入った飲み物、お菓子(チョコレート、アイスクリーム、飴、ガム)など。
しかし同じ糖分でも、果物などの自然の糖分は、砂糖とかいった人工的に精製された糖分に比べれば比較的、虫歯になりにくい様です。


硬過ぎる食べ物

あまりに硬過ぎる食べ物は、歯・特に詰め物を損傷してしまいます。著者は酒を飲みながらピーナッツを食べている時に詰め物が取れてしまいました。詰め物にも寿命があるのです。何も考えずに「ガリガリ」噛んでいると、何が起こるかわかりません。特に酒に酔っている時は感覚が麻痺していますから要注意です!

せんべい、乾燥した豆類、乾燥したフランスパン、・・・

フランスパンなどは、スープに浸して食べると安全かつ美味です。


お酒

醸造酒は危険。蒸留酒は比較的安全です。

醸造酒

醸造酒は、糖分を含むので虫歯の原因になります。

ワイン

白ワインの方が、赤ワインよりも歯に多くのダメージを与えることが研究で分かりました。
飲んですぐは歯の表面のエナメル質が弱くなっているので、口をゆすいで30分位してから歯磨きした方が安全です。

ビール

ビール(pH4.5)の原料ホップには、虫歯予防効果が有るそうです。
しかし炭酸飲料は歯に悪いですので、最後までビールで飲み通すのは、あまりお勧めできません。

日本酒

醸造酒の危険な順:白ワイン、赤ワイン、ビール、日本酒

なので日本酒は比較的安心、という訳です。


蒸留酒

蒸留酒である焼酎、ウイスキー、ブランデー、ジン、ウォッカ、ラム、テキーラなら比較的安心です。もちろんレモン割りやグレープフルーツ割りは避けて、水やお茶割りで。梅干のようなアルカリ性食品で割るのもお勧めです。


タバコ

煙草は食べ物ではありませんが、もしかしたら上記のどれよりも歯に悪いのかもしれません。

喫煙が歯に及ぼす影響
禁煙する方法





コンテンツ一覧  
エムジャパ
カレンダー  
今月のカレンダーです
2017年5月29日(月)
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2017年6月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

スマートフォン・携帯サイト
パソコン・携帯・スマートフォンいずれでも閲覧可能です。端末にURLを送るには、以下の「QRコード」をご利用くださいませ。

歯の健康