入れ歯(有床義歯)について、まとめていきます
歯の健康

入れ歯(有床義歯)について


TOP > 入れ歯(有床義歯)について

入れ歯(有床義歯)

入れ歯の歴史は遥か紀元前700年前までさかのぼります。そう考えてみると、我々現代人が「先進技術」と思い込んでいる多くの治療法が実は古代に既に確立されていた、という事なのですね。


部分入れ歯(局部床義歯、部分義歯)

部分入れ歯の危険性は、歯の下の骨が次第に細くなってくる事に加え、隣の歯を土台とするので、次第に両隣の歯も崩壊していってしまう、という危険性がある事です。これはブリッジ治療と全く同じデメリットですが、ブリッジ治療は、さらに両隣の歯を削ってしまいます。

総入れ歯(全部床義歯、総義歯)

総入れ歯は、歯から脳へと伝達する刺激が極端に減ってしまうため、認知症に陥る確率が高くなります。

参考:歯と認知症との関係について


入れ歯の手入れ

人工の歯だから虫歯になる筈が無いと、手入れを怠ると、口内環境が悪化し、他の歯や歯肉にも悪影響を与えてしまう事があります。

入れ歯洗浄剤

薬剤を溶かした水に入れ歯を漬け込んで殺菌する製剤ですが、それでだけでは充分ではなく、やはり入れ歯を歯ブラシで歯磨きする必要がある事に変わりはありません。

入れ歯安定剤

総入れ歯(有床義歯)を安定させるための各種製剤。粘着・密着性を向上させる各種製品が販売されています。部分入れ歯やブリッジには使用できない、総入れ歯専用の製剤です。


入れ歯の費用

部分入れ歯
保険適用:5,000円〜10,000円
自由診療:10,000円〜50,000円

総入れ歯
保険適用:10,000円〜20,000円
自由診療:10,000円〜500,000円

治療法や材質により値段はピンキリです。
保険適用の場合、入歯作成後の6ヶ月間は保険を使った作り直しができないので要注意です。


結論

金銭的余裕があるのであれば、インプラント治療を選択するのが一番です。入れ歯やブリッジ治療は「その場しのぎ」の治療法ですが、安価なのが魅力であります。




コンテンツ一覧  
エムジャパ
カレンダー  
今月のカレンダーです
2017年11月21日(火)
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

2017年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

スマートフォン・携帯サイト
パソコン・携帯・スマートフォンいずれでも閲覧可能です。端末にURLを送るには、以下の「QRコード」をご利用くださいませ。

歯の健康