喫煙が歯に及ぼす影響について掘り下げていきます
歯の健康

喫煙が歯に及ぼす影響


TOP > 喫煙が歯に及ぼす影響

最初に

私が銀歯を量産していたのは、毎日タバコを吸っていた時期です。今思えば、歯を磨いているのに何故か不思議と次々に虫歯ができていく魔法のような日々でした。11本の銀歯は喫煙の歴史でもあったのです。煙草を吸うのを止めてから、虫歯ができる事がおもいっきり減りました。そもそもが、職場で「タバコを吸うのが仲間入りの証拠」のような風潮があり、それに釣られて始めたタバコです。でも今にして思えば、あれはテレビCMの影響を受けた労働者階級の人々の怠惰な慣習だったのです。

煙草を吸う人は、吸わない人の何十倍も歯周病が進行しやすいので、歯周病やインプラントの治療の際には、医師から禁煙を薦められることがあります。

喫煙→ビタミンCが破壊→歯垢が付着→歯石に変化→歯周病・虫歯に!


喫煙によりビタミンCが破壊

肌の美容のためにビタミンCの摂取が推奨されますが、ビタミンCは肌だけではなく、「歯ぐき」の健康維持にも役立ちます。

一日に数本のタバコを吸っただけで、一日に必要なビタミンCの量を破壊し尽くしてしまいます。ビタミンCの欠乏は、歯周病の他、様々な疾患の原因ともなります。


プラーク(歯垢)が付着しやすくなる

歯周病の一番の原因の一つに、プラーク(歯垢)という粘性の付着物があります。ビタミンCが欠乏した歯ぐきは、プラーク(歯垢)が付着しやすくなってしまいます。


そして、虫歯に

プラーク(歯垢)は虫歯の原因ですから、放置しておけば、それが再石灰化して歯石(しせき)となり、歯周病・虫歯の原因になります。


まとめ

タバコを吸って失ったビタミンCを補うためには、大量のビタミンCを補給しなければいけませんが、それはあまりに無駄ともいえます。とりあえずタバコを吸うのを止めてしまうだけで、虫歯になるリスクが断然減ります。


タバコの止め方

健康に関しては色々と調べていますが正にタバコとは「百害あって一利なし」という嗜好品です。私は8年前に止めたのですが、その時の方法をご伝授。

タバコを捨てる

とりあえず今持ってるタバコを全て水で濡らして捨てる。

ジュースを飲む

タバコが吸いたくなったら、ひたすら「お茶」や「100&果汁ジュース」をガブガブ飲む。
タバコを吸う事の対極にあるのが、ビタミンCが多く含まれた果汁ジュースを飲む事です。どちらが気持ちいいかは、続けていけば歴然です。

ニコチンを出す

汗をかいて、体内のニコチンを全て排出してしまう。運動したり、サウナに入って汗をかけばより早く排出できます。体の中にまだニコチンが残留していると、また吸いたくなってイライラしてしまいます。体内からニコチンが完全に抜けて数週間経つと、喫煙の欲求が全く無くなります。

テレビを観ない

「タバコのCMを観ると、また吸いたくなる」という堂々巡りから抜け出しましょう!タバコと同様に麻薬性があり怖いのがCMです。こちらの意思に関係なく垂れ流されるCMから逃れるにはテレビのスイッチを切る事です。

受動喫煙を避ける

禁煙でない施設には出入りしない。特にレジャー施設の多くでは、いまだに禁煙体制がとられていません。これは止めて初めて分かる事ですが、煙が漂った空間にいるだけで腹痛がしてくる時があります。マスクが必要ですね。

喫煙するグループとは距離を置く、もしくは転職する。必要がない人間関係であれば、思い切って切り捨てる勇気も必要です。

受動喫煙は喫煙する事と同程度か、場合によっては喫煙者本人よりも危険」とまで考えていた方がいいです。若いうちは押さえ込めますが、老後にどんな悪影響が出るか?それはわかりません。

ちなみにうちの母親は、一切喫煙しませんでしたが、父が禁煙した、じつに15年後に、「肺がん」で死にました。これは非喫煙者は、喫煙者のようにタバコに対する抵抗力のようなものがないため、喫煙者本人よりも悪影響を受けるのだと考えています。





コンテンツ一覧  
エムジャパ
カレンダー  
今月のカレンダーです
2020年1月26日(日)
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2020年2月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

スマートフォン・携帯サイト
パソコン・携帯・スマートフォンいずれでも閲覧可能です。端末にURLを送るには、以下の「QRコード」をご利用くださいませ。

歯の健康